I P L治療
(フォトフェイシャル)

51歳男性 目じりのシミです。 IPL 1回照射1ヵ月後です。

 IPL治療とは、IPL(Intense Pulsed Light)という特殊な光を肌に当てることで、肌のくすみ、しみ、そばかすを軽減する治療法です。沈着したメラニンにダメージをあたえ、コラーゲンの再生を活性化させ、皮膚を内面から美しくするスキンケアです。

顔の色むら、肌の質感改善のため、顔全体に光を当てる治療は、フォトフェイシャルといわれます。

しみの治療
物理的治療・・・レーザー治療、IPL治療
化学的治療・・・レチノイド療法、ハイドロキノン、ケミカルピーリング等

しみに対するIPL治療の位置づけ

当院では、ユニバーサルIPLとライトシェアの複合機ルミナス1(U.S.Aルミナス社)を使用しています。

※ダウンタイム
手術を行ってから回復するまでの期間。手術前の生活(化粧、洗顔、入浴)が取り戻されるための時間を言います。

IPL治療上の注意
治療後、一時的にしみが濃くなります。約1〜2週間で少しづつ薄くなっていきます。
再照射は1〜2ヶ月待ち、効果が固定してから行います。
照射後は日焼けを避けてください。またUVケアが必要となります。

 手っ取り早くしみを取るにはレーザー治療(Qスイッチ・ルビーレーザー)が良いと思います。欠点としては、ダウンタイムがある事、色素沈着の管理をする必要がある事、治療費が高額な事があげられます。レチノイド療法も良いのですが、やはりダウンタイムが長期に及ぶ欠点があります。

IPL治療はレーザー治療に比べ効き目がマイルドですので、4回〜6回の照射が必要になります。また、全く反応しない症例もあります。最大の利点は、ダウンタイムがない事で、他人に知られること無く、いつの間にかしみが薄くなっています。ハイドロキノン化粧品を併用することで、効果が更に期待できます。
いづれの方法も、治療後はサンスクリーンによる紫外線防御が必要です。